ヒゲ脱毛による乾燥肌について

subpage01

ヒゲ脱毛の施術を受けてヒゲが脱毛されると顔の肌が乾燥してしまうことがあります。

NAVERまとめを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

毛穴にある皮脂腺から分泌される皮脂は肌を潤してくれる天然の保湿剤ということができます。



ヒゲが生えている状態は、ヒゲを介して顔の肌に皮脂が行き渡りやすくなっています。

しかし、ヒゲ脱毛の施術を受けてヒゲが目立たなくなることによって、皮膚に保湿効果がある皮脂が行き渡りにくくなってしまいます。
そして、ヒゲが目立たなくなることによって毛穴が引き締まり顔の肌のキメが良くなりますが、その分皮脂が分泌しにくくなってしまいます。


とはいってもヒゲ脱毛の施術を受けたからといって皮脂が全く分泌されなくなるという訳ではないため、ヒゲ脱毛の施術を受けた人が全員が乾燥肌になってしまうという訳ではありません。

解決策として、ヒゲ脱毛の施術は太いヒゲの方が効率良く脱毛されることになるので、脱毛の施術を何度か繰り返していくと結果的に細いヒゲだけが残っていることが一般的です。
脱毛の施術を受けた結果、顔の肌が乾燥してきたと感じたときは、細いヒゲを無理に全て脱毛しようとはしないで、細いヒゲは残しておくというのも良い方法の一つです。



細いヒゲだけであれば、毎日のヒゲ剃りの手間もかなり軽減されることになります。

また、脱毛の施術を機に、顔の肌の保湿ケアに力を入れてみると、ニキビや肌荒れなどといった他の肌トラブルが改善される可能性もあるので、良い方法の一つとなります。