ヒゲ脱毛による毛嚢炎や色素沈着の対策

subpage01

ヒゲ脱毛は光脱毛やレーザー脱毛で施術を受けたときに、毛嚢炎が発生する危険性があります。毛嚢炎という症状は、毛穴の中に雑菌が繁殖して炎症を引き起こして、ニキビのような吹き出物が発生する現象のことです。


ヒゲ脱毛の施術を施す顔の肌に特に発生しやすく、周りの人の目に触れやすい場所なため、毛嚢炎を発生させないように気を付けてヒゲ脱毛の施術を施すことが必要になります。
毛嚢炎はヒゲ脱毛の施術を受けた毛穴の中に雑菌が浸入することにより引き起こされます。

Yahoo!ニュース全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

毛嚢炎の発生を防止するためには、ヒゲ脱毛の施術を受けた日から、少なくとも一週間ぐらいは、洗顔をした後に顔の肌を消毒するのが対策方法の一つです。



しかし、顔の肌に消毒液をつけると乾燥肌になってしまい、脱毛の施術を受けているときに火傷を負う危険性を高めてしまうため、エタノールなどの成分が配合された化粧水を使うのが良い方法になります。

脱毛の施術を受けるクリニックや脱毛サロンに相談して、化粧水などを選ぶ必要があります。
脱毛の施術を受けたときに、お肌が乾燥していると火傷を負ってしまったり、火傷を負わなくても症状が軽い炎症を引き起こすことがあります。その火傷や炎症が回復する過程でメラニン色素が生成されて、色素沈着を引き起こすことがあります。

色素沈着が発生すると肌の細胞が入れ替わるのを待つ必要があるので治るまでに時間が必要になります。


肌に赤みが生じているときに紫外線を浴びると、色素沈着が発生しやすくなりますので、できるだけ日光に当たらないようにする必要があります。