• 雨漏りのいろいろな原因

    夏になると梅雨や夕立、ゲリラ豪雨など雨にさらされることが多くなります。
    家の中なら問題ないと思っていると突然の雨漏りに気づかされることがあります。

    屋根は長い間直射日光や風雨にさらされているため家の中でも劣化が激しい所です。
    放置しているとどんどん悪化して家屋の他の部分にまで影響する恐れがあります。

    雨漏り情報は必ず役に立ちます。

    早めに処置して被害を最小限に抑える必要があります。

    屋根は素人が点検するには危険で、経験がないと原因を探すのに時間かかり無駄に時間を浪費することになります。
    中途半端な補修も状況を改善できない恐れもあるので専門の業者に依頼する方が安心です。



    雨漏りが発生する原因として考えられるのは、屋根に使用している材料に発生する割れ、穴あき、ひび割れなどが考えられます。瓦は衝撃に弱いし、スレートは直射日光に弱い性質があります。経年で徐々に劣化していったものもあれば外的衝撃で損傷したものもあります。

    また、屋根に天窓などの設備がある場合は、その取り付けに使われているシール剤の劣化も考えられます。
    建材に使われるものは長期の使用に耐えられる耐久性が考慮されていますが10年や20年の間メンテナンスをしないで維持することは難しいのが現実です。

    定期的な状態の確認をして損傷箇所を補修する必要があります。



    また、雨樋が詰まっていることで雨水が溢れて必要以上に雨にさらされることで屋根を劣化させることもあります。

    雨樋を定期的に清掃することも雨漏りを予防するためには効果的です。